チャンピックスって大丈夫?

チャンピックスって大丈夫?

病院でも処方されるチャンピックスですが、実はその副作用が問題視されているのです。めまいや吐き気、意識障害や難聴などの副作用が挙げられています。特に車の運転は避けてください。あなたが無事、禁煙を成功できるよう応援しています。

チャンピックスで禁煙できる理由とは

全国的に禁煙治療が受けられる専門の医療機関は増えてきており、禁煙補助剤のチャンピックスの処方を受けることができます。タバコには習慣性があるとされており、タバコに含まれているニコチンの影響によって何度も喫煙を繰り返したくなります。タバコを吸わなくすることで、一定の時間が経過するとタバコへの切望感が現れてしまうことで禁煙することは難しいと考えられています。タバコに含まれているニコチンは、脳にあるニコチン受容体に作用して神経伝達物質のドパミンの放出を行います。ドパミンは快楽物質とも呼ばれているもので、幸福感が得られますので耐性が築かれて、禁煙を行うことで強い切望感や離脱症状が生まれます。医療機関を受診することで処方が受けられる禁煙補助剤のチャンピックスには、ニコチンと同じように摂取することでドパミンを放出させる作用があります。ニコチン受容体を少しだけ活性化させることができるために、パーシャルアゴニストの医薬品に該当します。タバコを止めることで受容体への作用を完全に阻害してしまうと、それによって強い離脱症状が現れるために禁煙することが難しくなりますので、チャンピックスを服用することで少しだけニコチン受容体の刺激を行って少量のドパミンを放出させます。その作用によって禁煙時に生じる切望感や、離脱症状の苦しみを緩和させることが可能となります。チャンピックスの服用を継続することで、その後にタバコを吸った場合であっても、受容体がタバコによって摂取したニコチンによって活性化されなくなり、チャンピックスの作用によって受容体が刺激されている状態が継続します。そのために喫煙をしたとしても、満足感を得られなくなりますので、タバコへの切望感を減少させることに繋げられます。

チャンピックスの副作用

チャンピックスは禁煙のために使われる薬です。どのような副作用があるか、ですが、副作用の前に、チャンピックスがどのようにして効果を発揮しているのかを理解すると、副作用についても理解しやすいです。ですから、どのようにして効果を発揮するかを先に説明します。チャンピックスは、たばこに含まれるニコチンに似た働きを持っています。たばこを吸うと、たばこに含まれるニコチンは肺から吸収された後、脳神経に作用します。脳神経の細胞には、ニコチンが結合するところがあります。これを、ニコチンレセプターと呼んでいます。このニコチンレセプターにニコチンが結合することで、ドーパミンと呼ばれる化学物質が放出され、これが心地よさを感じさせるという流れになっています。チャンピックスは、ニコチンと同じようにニコチンレセプターに結合します。ただし、ドーパミンを放出させる働きは、ニコチンほどではありません。ここまで理解すると、チャンピックスの副作用も理解しやすくなります。すなわち、ある程度ニコチンと同じようにドーパミンを放出させる働きがあることから、吐き気、頭痛、便秘などの症状が起こりやすくなります。なお、一部には、精神神経系の副作用、例えば不眠やうつ状態になったり、特に重いものでは自殺を図るなどといった副作用が起こることがあるとされています。これらの症状が起きる理由はまだよく分かっていません。精神神経系の症状ですので、ニコチンレセプター以外の別の脳細胞レセプターに作用している可能性が考えられますが、はっきりとはしていないのです。チャンピックスを飲み始めたときはこれらの症状にも注意し、おかしいと思ったら主治医に相談するようにしましょう。

チャンピックスは病院でもらえるの?

チャンピックスは禁煙したい人のために使用される飲み薬で、医師の処方薬となっている医薬品です。有効成分をバレニクリンとして、従来のニコチン置換療法とはことなる性質から、ドラッグストアなどでは購入することができず、必ず医師の診断を受けてから処方してもらう必要があります。処方されるのは禁煙外来で診察を受け、禁煙の意志を見せる必要がありますが、比較的容易に入手することが可能です。ただし、所定の要件を満たしていないと健康保険が利用できず、自由診療として全額実費で支払うことになるので注意しましょう。それ以外の入手方法は、海外からの個人輸入のみとなっているため、安全に購入するには病院で診察を受ける以外にはありません。禁煙外来での治療は12週間、つまり3ヶ月を目処として治療を行いますが、処方自体は治療期間を超えても残り3ヶ月は処方してもらうことが可能です。ただし、最初の12週間で健康保険が利用できても、その後は初診から起算して1年以内に同じ治療を受けると保険再算定が認められないため、自由診療となって実費での購入となります。そのため、最初の3ヶ月分は健康保険が使えれば個人輸入よりも安く済むため禁煙外来を利用し、その後もチャンピックスが必要な場合は、個人輸入を利用して購入するといった人も多いようです。ちなみに、健康保険によって3ヶ月の期間をA病院で利用し、期間が過ぎた場合にB病院に行けば再び使えると考えている人もいるようですが、健康保険の使用は厚生労働省で管理されているため、すぐに見つかって全額支払いを求められることになるので注意しましょう。禁煙治療の中断から再開をするといった方法も使えないので、治療を開始したら最後までやり通すことが重要となります。