チャンピックスって大丈夫?

チャンピックスって大丈夫?

病院でも処方されるチャンピックスですが、実はその副作用が問題視されているのです。めまいや吐き気、意識障害や難聴などの副作用が挙げられています。特に車の運転は避けてください。あなたが無事、禁煙を成功できるよう応援しています。

チャンピックスの怖い副作用

近年、医薬品をつかった禁煙治療は、ニコチンを体内取り込むことなく治療ができるチャンピックスと呼ばれる製品を用いる方法が主流です。チャンピックスは禁煙外来のある病院に行けば医師から処方してもらえるほか、個人輸入代行サービスを利用して外国で製造されているものを手に入れる方法があります。どちらの方法を利用するかは禁煙治療に臨む人の考え方次第ですが、どちらを選択したとしてもチャンピックスを手に入れて服用する際には、副作用が発現するリスクについて十分に留意しておく必要があります。チャンピックスの服用によって生じる可能性がある副作用のうち、特に多い症状は吐き気、不眠症、悪夢、頭痛、鼓腸ですが、この他にも生じうる症状はたくさんあります。例えば、神経系の症状としては、味覚異常や傾眠、記憶障害、けいれんなどといった症状が出ることがあり、精神面では睡眠障害や抑うつ、感情不安定、攻撃的行動などの症状があらわれる可能性があります。また、胃腸では、下痢や胃部不快感、腹痛、腹部膨満感、口内乾燥、胃炎、血便などが発現することがあります。そして、チャンピックスでは頻度は不明ではあるものの、上記の症状より重い副作用が発現することがあります。添付文書の中で指摘されている症状は、黄疸、肝機能障害、意識障害、血管浮腫、スティーブンス・ジョンソン症候群、多形紅斑の6つです。これらの症状の中には死亡例が報告されているものがあります。服用を続けていく中で顔がむくんできたり、皮膚が赤く盛り上がったり、目や皮膚が普段より黄色くなってきた場合は、そのままにしておくと重い副作用の症状があらわれる可能性があるため、すみやかにチャンピックスの服用を中止し、医師に相談しましょう。

チャンピックスの副作用を減らす為の工夫

チャンピックスを服用して禁煙を実施する場合、医薬品と言う事からも副作用が起きるリスクが在ることを認識しておく必要が在ります。禁煙外来で処方を受ける場合には医師による診察が行われ、医薬品の効果などのチェックを受ける事が出来ますが、通販店などでチャンピックスを購入した場合には、事前に副作用に関する情報のチェックや医薬品に添付されている文書をよく読んで正しく服用する事が大切です。これはチャンピックスに限った事ではありませんが、用法用量を守ることが薬の効果を最大限に引き出して治療効果を高めてくれるコツでもあるわけです。尚、チャンピックスには吐き気や眠気と言った副作用が起きるケースが在ると言われています。また、過去事例の中では、運転中の人が副作用により突然意識を失い自動車事故を引き起こしたと言った事例も在り、チャンピックスを服用した後の自動車の運転、仕事などで機械操作を行う場合には注意が必要です。尚、チャンピックスは最初の3日間は1日に1回の服用、4日目から12週目までは1日に2回の服用を行う事になりますが、最初の3日間は朝食、昼食、夕食の何れかを終えた後に服用をし、4日目からは朝食後や夕食後と言った具合に、食後に服用する事で副作用を小さくすることが出来ますし、吐き気などについても食後に服用する事で医薬品の効果が適度に働くようになるため推奨されています。因みに、空腹時と言うのは薬の効果が大きく働いてしまうため、チャンピックスを服用すると吐き気などが大きく出てしまう事も在りますが、食後に服用すると言った工夫を行う事で吐き気などの副作用が小さくなると言ったメリットが在ります。尚、気になる症状が現われた時は、服用を中止して担当医に相談する事も大切です。

チャンピックス以外の禁煙補助剤

禁煙をしたい人が自分だけの力では禁煙が出来ない、禁煙に挑戦したけれども途中で我慢できなくて煙草を吸ってしまったと言った人が禁煙をする時などに利用できるのがチャンピックスです。チャンピックスは禁煙補助剤の一つで、ニコチン成分が含まれていないと言った特徴が在ります。他にも禁煙補助剤は在りますが、大半の禁煙補助剤にはニコチン成分が少量含まれており、ニコチン依存を抑制させながら禁煙に導くと言った特徴が在ります。ニコチンは体内に取り込まれると数秒で脳内物質のニコチン受容体と結び付くのが特徴で、これによりドーパミンが分泌されて煙草を吸った事での満足感を味合う事が出来ます。尚、チャンピックス以外の禁煙補助剤には服用するタイプ、ガム式タイプ、パッチタイプなどが在りますが、ガム式タイプと言うのは煙草を吸いたくなった時に噛む事で唾液によりニコチン成分が体内に入る事でドーパミンの分泌を促し、パッチタイプは身体に貼り付けておくことで、体内にニコチンが浸透すると言った特徴が在ります。チャンピックスは服用するタイプの禁煙補助剤で、1~3日目まで、4~7日目まで、8日目以降と言った具合に服用する薬の量が増えるのが特徴で、ガム式タイプの禁煙補助剤とは異なり、1日1回もしくは2回の服用を続けることでニコチン依存を下げる作用を期待出来るため、12週間しっかりと服用していくことで禁煙の成功率を高める事が出来ると言った特徴を持ちます。また、ガム式タイプやパッチタイプの禁煙補助剤は医薬品ではありますが、ドラッグストアなどでも購入する事が出来るのが特徴ですが、禁煙補助剤は色々な種類を同時に使う事は推奨されていないので注意が必要です。